照明機材の種類と特徴

with コメントはまだありません


ポートレートやモデル撮影を続けていく限り
絶対に照明機材とは無関係ではいられません。

現在写真撮影で使われる照明の有名所は4種類です。

1.ストロボ、 2.蛍光灯、 3.タングステン、 4.LED

「扱いが簡単だけどライティングに幅が無い」
「扱いがムズカシイがライティングの幅が広い」

というのを-体験-してみるだけでも本を見ているだけとは全然違違います。
教室の中で撮影しながら違いを感じ取っていただくことをオススメします。

<蛍光灯>
メリット
・定常光は目に見えて安心。
・写真の仕上がり予想が容易。
・コンデジ、スマホ、ムービーでも撮影可能。

デメリット
・電球の数が増えると持ち運びが大変。
・一見して扱いやすい白い光に見えるが、蛍光灯の品質によっては
緑色や黄色に転びやすい。照明について良くわからない人ほど
「あれ?なんで緑っぽく写るの??」となりやすい。

・・・・・・・・・・・・・

<ストロボ>
・最も太陽光に近い色を出せる。
・最も大きな光量を得られる。
・最も光量調節幅が大きい。(f1.4 〜 f22 まで )

Leave a Reply