タングステンのオレンジ色を調整する

with コメントはまだありません

・露出の失敗による「暗さ」

・タングステン照明で撮影したので「オレンジ色」 といった点が気になりますよね。

 

Adobe Bridgeにて以下の様に調整してみました。

 

▼色温度を下げながらイイと思うポイントまでスライダーを調整

 

 

 

 

 

▼今回は「露出」ではなく「明るさ」「補助光効果」で調整 (ま、この辺は気分です 笑

 

 

 

▼すると、こんな感じになります。

 

▼文字を入れて シャープをかけて完成♪

 

5,6年前に比べてjpeg画像のレタッチもかなり幅があるようになったと思いますが
こんな感じで、特に「色温度」の補正は「RAW」画像が有利です。

★jpeg画像からだと、こんな風に「白い肌」にならない場合が多いようです
★Adobe Bridgeではなく 別のレタッチソフトでも同様の調整項目/スライダーを動かして試してみてください。

デジタル画像時代では「撮る」だけではなく 後処理もフォトグラファーの所有スキルとして大変重要だと思います。

一時期は私もレタッチばかり勉強していました。

一番良かった点は

『レタッチを勉強すると、レタッチしなくてもイイ写真(または処理具合の少ない写真)を撮れるようになる事』

でした。

もっと言うと「失敗を救うレタッチ」と「そのままでイイけどもっと良くするレタッチ」に別れていて、、、
「失敗を救うレタッチ」が少なくなった、という事です。

「そのままでイイけどもっと良くするレタッチ」は、写真道と同じく永遠に追求できる深い領域ですからね、、、(`・ω・´)ゞ

「撮ったら一切後処理はしないから」という理由で一度もソフトを触ったことがないカメラマンさんも、
一度くらいは触ってみても良いかと思います♪

Leave a Reply